涸沼水質保全の対応方針
涸沼の水質データ
流入河川の水質データ
涸沼水質保全の対応方針
○涸沼水質保全の対応方針
 県は,涸沼の水質保全を図り,水産資源を確保するとともに,多種多様な生物の生息・生育の場としての機能を保全して,涸沼を次世代に継承するため,平成12年度に涸沼水質保全計画を策定し,以降5年毎に見直しを行いながら,4期20年にわたり,計画に基づく各種対策を実施してきました。
 その結果,涸沼の水質は徐々に改善してきたものの,未だ環境基準の達成には至らないことから,令和2年度からは新たに「涸沼水質保全の対応方針」を作成し、ラムサール条約の目的の視点も加えつつ、「豊かな恵み、いこいの水辺 涸沼」を次世代に継承するため、水環境保全のための取組を実施することとしています。

涸沼水質保全の対応方針(全文)はこちらです。 --→ 涸沼水質保全の対応方針 [PDF]

水質目標値
水質項目 水質目標(令和6年度) 環境基準
COD(年平均値) 5.4mg/L 5mg/L※
全窒素(年平均値) 1.4mg/L 0.6mg/L
全りん(年平均値) 0.074mg/L 0.05mg/L
透明度 1.1m

 

※COD環境基準の値は、75%値

涸沼の水質データ グラフはクリックで拡大を表示します。
COD(年平均値)


全窒素(年平均値)


全りん(年平均値)


※数値データは、環境基準点3地点(親沢、宮前、広浦)の平均値

流入河川の水質データ グラフ・表はクリックで拡大を表示します。
BOD(年平均値)

BOD平均値

全窒素(年平均値)

全窒素平均値

全りん(年平均値)

全りん平均値




ネットワークの紹介 涸沼のデータ 涸沼流域の見どころ 涸沼水質保全の対応方針・水質データ 会員からの活動報告 HOME



Copylight 2007 CLEAN UP HINUMA All rights. reserved. Never reproduce or republicate without written permission.